鉄分サプリメントを摂って貧血改善をしよう

食事療法が効果的

ファミリー

貧血は赤血球、あるいは赤血球の中の血色素であるヘモグロビンが少なくなることで起こる疾病で、症状としては疲れやすさ、めまい、息切れなどが挙げられます。このような貧血には、鉄分の不足が原因の「鉄欠乏性貧血」と、血液を作る骨髄の働きの低下による「再生不良性貧血」があります。そして、後者の場合には病院での治療が必要ですが、前者では食事療法によって貧血改善となる可能性があります。食事による貧血改善では鉄分を十分に摂るようにすることが大切ですが、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に多く含まれるもので吸収率が高く、非ヘム鉄の方は野菜などの植物性食品や乳製品などに入っていますが、こちらの吸収率は低いと言われています。なお、非ヘム鉄の体内での吸収を助けるためには、良質なたんぱく質やビタミンCなどを摂るようにすると良いでしょう。さらに貧血改善のためには、造血作用を持つビタミンB12や、大豆やブロッコリーに入っている葉酸などもしっかりと摂取すると効果が上がりやすくなるはずです。また、貧血は欠食や偏食の他、妊娠、授乳期などが原因となって起こることも多いので、このような場合は特に3食きちんとバランスの取れた食生活を心掛けることも大切と言えます。鉄欠乏性貧血の場合の貧血改善方法として食事療法は効果的ですが、いろいろと試してみても症状が治まらない場合は、病院に行くようにしましょう。